清掃には正しい知識と意識を持とう

いくら自分たちの手で清掃することにもメリットがあるといえども、正しい知識と清掃方法が実践されていないのでは効果的とは言えません。清掃は「キレイな結果」がついてくることで実践する意味があります。自分の手でできる効果的な清掃方法をここで知っておきましょう。

清掃サービスでなくてもできる?ガラスの清掃の手順

清掃するタイミングを決めよう

汚れはたまればたまるほど清掃にかかる手間はおおきくなります。そこで定期的に清掃する最低限のサイクルを決めておくことが清潔さを維持するカギになります。もちろん汚れが目立ったらサイクルとは別に清掃するようにしましょう。

ちょっとした知恵を身に着けて清掃しよう

窓ガラスの汚れは様々です。外側なら排気ガスや花粉、砂塵など、内側では手垢、たばこのヤニや室内のホコリ、カビなど汚れの性質が違います。その点に留意してそれぞれの汚れに合った洗浄方法を実践しましょう。

新聞紙はガラス清掃にうってつけ

水ぶきの際に新聞紙がうってつけです。新聞紙に使われているインクが汚れを落とす手助けをしてくれます。新聞紙に触れる面が多くなるようにくしゃくしゃに丸めて湿らせて使うのがコツです。乾拭きの際にも同様に丸めて乾いた新聞紙を活用しましょう。

スプレーはガラスに直接吹きかけないようにしよう

スプレーを直接窓に吹き付けると洗剤の油膜ができてむしろ汚れが落ち切らない状態にしてしまうことがあります。そういう理由で洗浄スプレーはタオルにするのが好ましいです。基本的に汚れがひどくないところは水ぶきで済ませるようにしましょう。

汚れがひどい時の対処法

水で濡らしたタオルにクリーナーをスプレーして汚れをぬぐい取るイメージで窓を拭きます。タオルは汚れきったらこまめに面を切り替えてキレイな状態で使いましょう。そのあとにクロスなどを使って乾拭きをするようにしましょう。

自分でできるオフィス清掃

オフィス

清掃をすることで心も晴れやかに

自分たちの手で清掃をする事で職場環境を清潔に保つことに意識的になりますし、何より掃除をすることで自分の心も晴れやかになります。従業員でできることは積極的に実践するようにしましょう。

職場をキレイにすることでお客様へのアピールもできる

何も職場をキレイにすることにメリットがあるのは従業員たちだけではありません。実際に職場を訪問するお客様の目に映る場面もしばしばです。そういったところで自分たちが普段キレイにしているところで好感を持ってもらえることも励みになります。

取引先などとの業務の成績向上にも清潔さが大切

職場が清潔であることは業績面でもプラスに働くこともあります。清掃が行き届いている環境であれば「それだけ管理が徹底されている」「従業員の意識が高い」などの評価につながり、結果として取引先の信頼の判断材料などになります。こうして取引が成功するなどの業績アップにつながる見込みもあるので普段から清潔さを意識することは重要だといえます。

広告募集中